• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

ア行

エネルギー原単位(エネルギーゲンタンイ)

エネルギー原単位とは、単位量の製品やお金を生産するのに必要なエネルギー量のことをいい、エネルギーに関する生産効率を表す指標になります。
例えば、パソコン10.000台を生産するのに必要なエネルギーが100,000kcalだったと仮定した場合のエネルギー原単位は、10kcal/台(=100,000kcal/10,000台)となり、この値が小さくなるほど、エネルギー的な生産効率が向上していることになります。
このことは、省エネルギー化を意味すると同時に、エネルギーコストの減少も意味するため、環境・経済の両面からもエネルギー原単位の改善が望まれています。 
経済産業省の推進する「エネルギーの使用の合理化に関する法律(通称:省エネ法)」においても、一定以上のエネルギーを消費している企業や法人はエネルギー効率の改善のために、それぞれの業種におけるエネルギー原単位を改善するよう定められています。