• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

カ行

空気比(クウキヒ)

空気比とは、ものが燃焼する際、実際に使用される空気量と理論空気量の比のことをいいます。
ボイラーなどの燃焼設備の場合、空気比を低く抑え、適正管理をすることが省エネルギー化につながりますが、空気比を下げすぎると、不完全燃焼を起こし、すす等が発生する場合があります。
反対に空気比を上げすぎるとすすの発生は防げますが、燃焼用空気による排ガス損失が増大し、エネルギー効率が低下する恐れがあります。