• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

ハ行

廃棄物発電(ハイキブツハツデン)

廃棄物発電とはごみ焼却場などで廃棄物(ごみ)を焼却処理する際に発生した熱エネルギーを利用して蒸気を作り、その蒸気でタービンを回して発電を行うシステムのことをいいます。
ごみの持つエネルギーを電気に変えられることから、化石燃料の消費削減につながり、ひいては二酸化炭素の排出量削減にもつながると期待されています。
また、高温で安定的に燃焼させるため、廃棄物の燃焼過程で発生するダイオキシンの発生を抑えることもできますが、廃棄物発電にはある程度まとまった量の廃棄物の安定供給が必要なため、ごみ焼却場の場合、広域の自治体での取り組みが必要です。
国では廃棄物発電を「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法」の中で新エネルギーの一つとして導入促進を図っています。