• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

ナ行

二酸化窒素(NO2 ニサンカチッソ)

二酸化窒素とは化学式NO2で表される、窒素酸化物の一つで赤褐色の気体です。
主要な大気汚染物質の一つで、人への影響はせき・たんなどの症状との関連や、呼吸器系の影響が知られています。
このため、「1日平均値が0.04~0.06ppmの範囲内またはそれ以下であること、またゾーン内にある地域については原則として現状程度の水準を維持しまたはこれを大きく上回らないこと」という環境基準が設けられています。
社会活動上での主な発生源としては工場のボイラーや自動車などの燃焼過程が挙げられ、特に自動車の排出ガスは大都市部での主要大気汚染源となっています。
ほとんどが一酸化窒素として排出されますが、大気中で酸化され、二酸化窒素となります。
このほか、生物活動による自然発生もあります。