• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

タ行

電気自動車(デンキジドウシャ)

電気自動車とはガソリン(軽油)とエンジンの代わりにバッテリーとモーターを搭載し、電気を使って走行する自動車のことで、化石燃料を使用しないため、走行中に排気ガスを出さず、騒音も小さいという特徴があります。このことは二酸化炭素のような温室効果ガスや窒素酸化物硫黄酸化物などの大気汚染物質が走行による排出が無いことを意味しています。
現在の自動車が燃料が少なくなると、ガソリンスタンドなどで給油するのと同様、バッテリーを家庭用コンセントなどで充電する必要がありますが、充電に時間がかかる(数時間~)ことや、充電1回あたりの走行可能距離が短く、大量生産されていないため、電池価格や車両価格が高いなどの課題が有ります。
現在はこれらの課題を解決すべく、各自動車メーカーや研究施設が低コスト・高効率(充電時間を短くしつつ、走行可能距離を伸ばす)で信頼性の高い電気自動車の研究開発が進められていて、地球温暖化防止に役立つ自動車として注目されています。