• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

タ行

地熱発電(チネツハツデン)

地熱発電とは地下のマグマなどの熱源により発生した水蒸気等により蒸気タービンを駆動させて行う発電のことをいいます。
自然エネルギーを利用しているため、CO2二酸化炭素)をほとんど排出しないことや、昼や夜、天候・季節といった外的要因に左右されること無く利用できることなどが主なメリットです。
デメリットとしては、どんな場所でも発電設備を設置できるわけではなく、場合によっては1,000~3,000m前後の井戸を掘る必要があるため、石油などの化石燃料と比べて発電コストが割高になることや、規模が小さいことなどが挙げられます。
火山国である日本は地熱発電の適地が多いため、利用の推進が期待されています。
新エネルギー法(新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法)にて、新エネルギーの一つとされています。