• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

タ行

たい肥(タイヒ)

たい肥(堆肥)とは落ち葉や家畜のふん尿などの有機物を発酵させて作ったもので、古くから利用されている肥料の一種です。
たい肥の利用は、農作物や園芸作物が育つ土壌を改良するため、土壌改良剤としての効果がありますが、窒素成分が多すぎると、効果が小さくなります。
発酵が不十分なたい肥を利用すると、作物の生育土壌中で微生物の繁殖が急激に起こるため、作物に悪影響を及ぼすことから完熟たい肥(発酵が十分に行われたたい肥)を利用することが望ましいとされています。
最近ではバイオマスの一種である家庭から発生する生ごみや、木屑・家畜ふん尿などを集めてメタン発酵し、エネルギーを得る(発生したメタンガスをエネルギーとして利用。新エネルギーとして位置付けられる)のと同時に、発酵残渣をたい肥化して有効利用する技術の開発なども行われています。