• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

ナ行

NOx(ノックス)

窒素の酸化物の総称で、物が高温で燃焼したときに空気中の窒素と酸素が反応して一酸化窒素(NO)や二酸化窒素(NO2)などの窒素酸化物が発生します。
特に二酸化窒素は空気中の濃度が高くなると、人体に影響を及ぼし、気管支炎や肺水腫の原因となったり、硫黄酸化物(SOx)と同様に酸性雨の原因となるため、大気汚染物質の一つとされています。
(NO、NO2の)排出源としては工場排煙や自動車排ガスなど、その他多様な場面があり、大気汚染防止法や、自動車から排出される窒素酸化物及び粒子状物質の特定地域における総量の削減等に関する特別措置法(通称:自動車NOx・PM法)で排出規制されています。
また、窒素酸化物の一つ、一酸化ニ窒素(N2O)は温室効果ガスの一つでもあります。