• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

カ行

京都議定書(キョウトギテイショ)

1997年に京都で開かれた、第3回気候変動枠組条約締約国会議(COP3)で採択された議定書のことをいいます。
主な内容として
・地球温暖化の原因となる温室効果ガス(二酸化炭素、メタンなど全6種類)について、1990年を基準として先進国各国別に削減率を定め、約束期間内(2008~2012年)に目標を達成する(日本はマイナス6%が目標)
・削減目標を達成するために京都メカニズム(排出権取引など)の導入
2005年2月16日に発効しました。