• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

ア行

温室効果(オンシツコウカ)

大気による惑星(地球など)の保温効果のことで、地球の場合、太陽からの日射エネルギーと地表からの熱放射のバランスによって温度が決まりますが、大気中の温室効果ガスと呼ばれるガスにより、地表面からの熱の一部を吸収(その他は放射)し、地表面に向けて放射・加熱することで地表面がより高い温度になるため、地球表面の平均温度は約15℃程に保たれています。
しかし、産業革命以降の人間活動による化石燃料の燃焼により大気中の二酸化炭素濃度が増加したため、温室効果が進み、地球温暖化の主な原因ともされています。