• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

カ行

核融合(カクユウゴウ)

二つの原子核が十分に近づくと、お互いの引力が反発力に打ち勝って一つに融合し、重い原子核を作り、その際、エネルギーを放出する反応をいいます。
重水素と三重水素を数億度のプラズマ状態にしてヘリウムへの融合反応をおこさせエネルギーを得る核融合炉の研究が進められているが、現時点では理論的な可能性にとどまっており、実用化には至っていません。
現在の核分裂炉発電に比べ、ウラン資源の制約がない、放射性廃棄物の量が少なくて済むなどの多くの長所があることがわかっています。