• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

ア行

阿賀野川下流域水銀汚染(新潟水俣病 アガノガワカリュウイキスイギンオセン)

1964~65年にかけて阿賀野川下流域で工場排水に含まれるメチル水銀化合物が、阿賀野川の魚介類を経由して、人体に蓄積されたことによる水銀中毒事件のことをいい、水俣病と同様の発生原因であるため、新潟水俣病とも呼ばれています。
1970年度の公害白書において、自然常態に回復していると評価されており、1978年には阿賀野川の魚介類摂取抑制も解除されています。