• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

ハ行

排出権取引(ハイシュツケントリヒキ)

京都議定書で採択されたメカニズム(京都メカニズム)の一つで、温室効果ガスなどの排出量低減を金銭面や削減量の面においても効果的に実施するための仕組みのことです。
全体(ここでは京都議定書締約国全体や各国の企業のこと)の排出量を抑制するために、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出する権利の上限を国や企業単位で設定し、上限を超過した国(企業)は上限を下回った国(企業)から排出する権利を売買することが可能となっています。