• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

タ行

大気汚染防止法(タイキオセンボウシホウ)

1968年に制定された大気汚染防止に関する法律で、「国民の健康を保護するとともに生活環境を保全」(同法第一条抜粋)することを目的としています。
日本で最初に定められた大気汚染防止に関する法律は、1962年に制定された「ばい煙の排出の規制等に関する法律」でしたが、主要燃料が石炭から石油に移行したことや、自動車の排ガスが規制対象外だったために対応しきれなくなったことから、・工場及び事業場における事業活動並びに建築物の解体等に伴うばい煙や粉じん、・有害大気汚染物質対策の実施の推進、・自動車排出ガスに係る許容限度を定めることなどを盛り込んだ同法を新たに制定しました。
制定以降も、以下のような改正や新たな規制導入が行われて現在に至ります。

・1970年 指定地域性廃止、全国的規制導入
・1989年 特定粉じん(アスベスト)規制の導入
・1995年 自動車燃料規制の導入
・2004年 揮発性有機化合物(VOC)規制の導入