• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

ア行

RPS制度(アールピーエスセイド)

正式名称は「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(新エネ特措法)」といい、再生可能エネルギーの利用を促進するために、新エネルギー等から発電された電気の一定量以上の利用を電気事業者に義務付ける制度のことで、2003年4月から導入・施行されました。
京都議定書における温室効果ガスの排出権取引と同じ仕組みです。