• 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
環境用語集

右の用語検索機能もご利用ください。

  • 用語検索

ナ行

二酸化炭素(CO2 ニサンカタンソ)

化学式CO2で表される炭素の酸化物で、常温常圧では無色・無臭の気体です。
石油・石炭・天然ガスなど炭素分を含む燃料を燃やすことにより発生し、水溶液(炭酸)は弱酸性を示します。
温室効果を持ち、地球の平均気温を保つのに寄与してきましたが、産業革命以前は280ppm程度だった大気中濃度が、現在では370ppm程度まで増加したため、地球の平均気温は上昇しつつあります。
二酸化炭素自体の温室効果は他の温室効果ガスであるメタンやフロンなどに比べると小さいが、排出量が莫大であるため、地球温暖化の最大の原因物質として問題になっています。